1. HOME
  2. IT導入補助金2024を活用したPOSレジ導入について

IT導入補助金2024を活用したPOSレジ導入について

ご活用頂ける補助金をご紹介します。

各種補助金を有効活用してご導入頂けるのも一括購入型(買い切り)型であるライブレジDX/ライブレジの強みです。

POSレジのご導入に「IT導入補助金2024」がご活用頂けます。

経済産業省が推進する「サービス等生産性向上IT導入支援事業(以下、「IT導入補助金2024」)において、「IT導入支援事業者」に採択されました。POSレジ等のハードウェアの導入費用も補助対象となり、インボイス制度の対応に向けたライブレジのご導入にご活用いただけます。

IT導入補助金とは

「IT導入補助金」とは、中小企業・小規模事業者等が自社の課題やニーズに合った「ITツール」の導入を支援してくれる補助金です。

ITツールとは、「業務効率化」のために、新たに導入される「ソフトウェア製品」や「クラウドサービス」などで、導入にあたってのサポート費用や設定費用もITツールの対象として含まれます。ただし、ITツールに使用する周辺機器は含まれません。
また、導入されるITツールは「IT導入支援事業者(藤田電機製作所)」によって「登録」されている必要があり、2023年度からは周辺機器も対象となり、製品・導入費用・周辺機器までがセットになったパッケージが登録されています。

IT導入補助金とは

POSレジ導入にIT補助金を利用するメリット

メリット① POSレジの導入コストを抑えることができる

ライブレジ単体はもちろん、周辺機器もセットで申請する事で、最大35万円の導入コストを抑える事ができます。

POSレジの導入コストを抑えることができる

メリット② POSレジの導入で業務効率化・売上アップに繋がる

IT導入補助金をきっかけにPOSレジを導入いただくことで、業務の効率化や売上アップが期待できます。また、当社のライブレジDXでは、顧客管理/分析機能搭載しており店舗のDXをサポートします。自動釣銭機運用やセミセルフ精算運用など、多種多様な業態でレジ業務の効率化にご活用頂けます。

POSレジの導入で業務効率化・売上アップに繋がる

お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

IT導入補助金の種類

導入目的に合わせて「通常型」と「インボイス枠」から選択することになります。

〈通常枠〉

補助金額:~450万 補助率:1/2

自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を補助することで、業務効率化・売上アップをサポートする補助金です。自社の置かれた環境から強み・弱みを認識、分析し、把握した経営課題や需要に合ったITツールを導入することで、業務効率化・売上アップといった経営力の向上・強化を図ることが目的となっています。

〈インボイス枠(インボイス対応類型)〉

補助金額:~50万  補助率:3/4~4/5(ハードウェア購入費: 補助率:1/2 上限10万~20万)

補助金額:50万~350万 補助率:2/3(ハードウェア購入費: 補助率:1/2 上限10万~20万)

中小企業・小規模事業者等のみなさまが導入する会計ソフト・受発注ソフト・決済ソフトの経費の一部を補助することで、インボイス制度に対応した企業間取引のデジタル化を推進することを目的としています。

〈インボイス枠(電子取引類型)〉

補助金額:~350万  補助率:1/2~2/3

取引関係における発注者が、インボイス制度対応のITツール(受発注ソフト)を導入し、当該取引関係における受注者である中小企業・小規模事業者等に対して無償でアカウントを供与して利用させる場合に、その導入費用の一部を支援します。

IT導入補助金の補助額

IT導入補助金の補助額の一覧になります。

  通常枠 インボイス枠
対象 ソフトウェア ソフトウェア ハードウェア
PC・タブレット等 レジ・券売機等
補助率 1/2以内 中小企業
3/4 以内
小規模事業者
4/5 以内
2/3以内 1/2以内
補助額 5万円~
150万円未満
150万円~
450万円以下
50万円以下 50万円超~
350万円以下
10万円以下 20万円以下
機能要件 1プロセス以上 4プロセス以上 インボイス制度に対応し、
「会計」・「受発注」・「決済」の機能を
有するソフトウェア
そのハードウェアがソフトウェアの使用に
資するものであること。
※ハードウェアのみの申請は不可

IT導入補助金の申請の流れ

「IT導入補助金」の申請の流れをご紹介します。IT導入補助金は、採択が行われてからの補助事業開始となっています。

交付決定の連絡が届く前に発注・契約・支払い等を行った場合は、補助金の交付を受けることができませんのでご注意ください。

IT導入補助金の申請の流れ

よくある質問

POSレジのIT導入補助金に関するよくある質問をご紹介します。IT導入補助金のご活用をぜひご検討ください。

IT導入補助金は申請者自身で申請するのでしょうか?
IT導入補助金の交付申請には、申請者と登録されたIT導入支援事業者(藤田電機製作所)との共同申請が必要です。
申請者単独での申請は行えません。
IT導入補助金は経費を払う前に先にもらえますか?
IT導入補助金は、交付決定後に先に経費を支払い補助事業の実施を行う必要があります。補助金を受け取れるのは事業実績報告が完了し、補助金額が確定した後になります。IT導入補助金の給付は後払いとなり、先に補助金を受けてから経費を支払うようなことはできませんのでご注意ください。
IT導入補助金の申請に手数料はかかりますか?
藤田電機製作所ではIT導入補助金の申請に対して、手数料は頂いておりません。

POSレジ導入にはIT補助金を活用するのがおすすめ

IT導入補助金を有効に活用することで、費用を抑えてPOSレジを導入することができます。
POSレジを導入することで業務の効率化や売上アップに繋がり、中小企業・小規模事業者等の生産性向上に大きく貢献することが期待されます。
POSレジを導入にはぜひIT導入補助金をご活用ください。

POSレジはLIVEREGI
 
資料ダウンロード