1. TOP
  2. コラム
  3. お役立ち情報
  4. エリアマーケティングとは?その目的と具体的な方法を解説

お店の「今」を可視化するPOSレジ〈ライブレジ DX〉

エリアマーケティングとは?その目的と具体的な方法を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
エリアマーケティングとは?その目的と具体的な方法を解説

エリアマーケティングとは?

エリアマーケティングとは、各地域の情報を考慮して行うマーケティング手法です。
エリアなので全国単位で行うマーケティングではなく、情報を限定して顧客満足度や売上の向上に繋げます。
生活様式や土地柄、交通インフラなどがエリアによって異なり、マーケティング手法も異なるのが特徴です。

エリアマーケティングの目的と必要性

エリアマーケティングは各地域の情報で手法を考慮するので、目的と必要性を明確にしておく必要があります。

エリアの知識が不足したままマーケティングをしてしまうと、需要と供給のバランスが取れずに失敗してしまうでしょう。
失敗するリスクを避けるために、どのような目的と必要性があるといいのか、確認しましょう。

商圏の判定が可能

商圏の判定をしたいなら、エリアマーケティングは欠かせません。
商圏は商店や商店街などの地理的範囲を意味するので、どのような消費者がいるのかを把握する必要があります。

具体的には商圏内で買い物をする人口や男女比、世帯構成など、分析において重要なデータです。

例えば人口が少ないエリアで大型の商業施設を建ててしまうと、ビジネスが失敗しやすくなります。
さらにアクセスの良さや消費支出額なども深くかかわってくるので、必要性が高いといえるでしょう。

需要予測が建てられる

エリアマーケティングを実践すると、需要予測をして戦略を組めます。
予測方法は多くありますが、例えば統計学で活用される「重回帰分析」はビジネスを成功させる分析手法の1つです。
企業の従業員数や顧客数、時間帯などを分析して、因果関係がどれくらいあるかを調べます。

他にも駅までの距離や営業所の数など、情報が多いほど因果関係が明らかになり、実施する次のビジネスに反映していく流れです。
エリアの情報が充実すればするほど、適した分析手法を活用することでどのような需要があるかが見えてきます。

販売戦略の設計ができる

エリアマーケティングをすると潜在顧客が把握できて、販売戦略を決められます。
マーケティングは提供する商品・サービスに適した顧客に情報が届き、的確なアプローチが必要です。
そこで販売促進をする必要な情報として性別や年代、エリアなどを区分化すれば戦略的にマーケティングができます。

エリアの違いが明確に理解できれば顧客数やリピート数が増えて、結果的に売上の向上につながりやすいです。
例えば学生が多い地域、主要駅が近い地域など、周囲の状況でアプローチや販売戦略は変わります。

エリアマーケティングにおける商圏分析のポイント

エリアマーケティングで商圏分析するポイントは、主に4つあります。
商圏人口にどのような特徴があるかを分析して、ニーズに応じた商品・サービスを届けるのがゴールです。
何を軸にして分析するのか、1つずつ見ていきましょう。

マクロ環境の分析

マクロ環境とは、自社に影響する外部環境を指し、ビジネスの土台になります。
英語を日本語に直すとわかりやすく、マクロ(macro)は「大きい」、ミクロ(micro)は「小さい」という意味です。
具体的には人口統計や人口分布、世代構成など大きな視点で分析します。

人口だけではなく政治や社会の環境も考慮することで、中長期的な視点でマーケティングをできるのがポイントです。
例えば都市計画で人口が増減したり、先端技術で市場規模を拡大または縮小したりするケースは、マクロ環境が役立ちます。

競合企業の分析

商圏が重なっている競合企業がどのような動きをしているかは、自社にとって重要な情報です。
競合企業のブランディングやターゲティングなど、明確に理解しておけば後出しで差別化した商品・サービスを提供できます。

具体的な分析内容は、来店する顧客の年代や性別、来店がピークになる時間、売れ行き好調な主力商品とその販売戦略などです。
必要な分析情報をそろえて自社の販売戦略を組み立てれば、自社の成功につなげられるでしょう。
また、分析することで自社の強みだけではなく、弱みを正しく理解できて適切なマーケティング施策を実施できます。

地域住民の分析

商圏分析では、商圏の生活者のライフスタイルの分析が欠かせません。
地域住民の分析をすれば、マーケティングのセオリー通りにならない場合があります。
例えば住宅街から近い距離に小さなスーパー、遠い距離に大きなスーパーがあったとしましょう。

地域住民がまとめ買いをする傾向があるなら、遠くても大きなスーパーに顧客が集中します。
しかし、顧客の出入りが多く、何度も買い物をするなら小さなスーパーが最適です。
地域住民がどのような行動をしているかをデータで集めれば、正確なアプローチができます。

エリア特性の分析

エリアの特性や地理的情報も商圏分析では役立ち、地域住民のライフスタイルに合わせたマーケティングができます。
同じ地域でも細分化すれば、慣習や歴史、土地柄などが影響してくるでしょう。
有名な活用事例は「日清のどん兵衛」シリーズで、同じ商品でも東日本と西日本でつゆの味を変えています。

東日本ではかつおの割合が多く、醤油の味が強いつゆで、西日本では昆布の割合が多いだし風味です。
中には関西在住だけど関東のどん兵衛が好きといった方もいる可能性はありますが、すべて商圏分析の結果になります。

エリアマーケティングで使う広告手法

エリアマーケティングには多くの広告手法があり、街中で普段目にするものから、普段は気にすることのない身近なものまであります。
適材適所で使い分けないと期待していた効果が発揮できないので、特徴を理解して使用してください。

相性はターゲットに合わせて使用すると、より効果的です。

web広告

web広告とは、インターネット上に掲載する広告です。
デジタル広告やオンライン広告、インターネット広告など多くの呼び方があり、自由度の高い広告手法になります。

代表的な種類はリスティング、アフィリエイト広告、ディスプレイ広告などです。
広告を見る人に合わせて活用方法を選択できるので、ターゲットを絞った訴求ができます。
時間帯や性別など、より多くの情報を集めて分析すれば、広告の効果に期待できるでしょう。

SNS広告

SNS広告とは、TwitterやFacebook、LINEなどのプラットフォームに掲載する広告です。
ユーザーのタイムラインやストーリーズに配信することで、商品・サービスを認知してもらえます。

良くある間違いはSNS投稿で、配信先が異なる手法です。
SNS投稿はアカウントに接点のあるフォロワーに対してアプローチできる手法なので、SNS広告は潜在顧客に情報を届ける役割があります。

ポスティング

ポスティングとは、ポストにチラシやパンフレットを入れて商品・サービスを認知してもらう広告手法です。
狙った地域に対して訴求できるので、正しい商圏分析をすれば高い効果が期待できます。
ただし、商圏分析に誤りがあったり、ポスティングする広告の制度が低かったりするとターゲットに刺さらないです。
ポスティングを実施する場合は、マクロ環境の分析から情報を取得して広告の準備をしておく必要があります。

交通広告

交通広告とは、駅や車内に掲示して不特定多数に見せる広告です。
交通機関を利用する方は多く見かけるもので、電車やバス、タクシーなどで目にすることがあるでしょう。
不特定多数といっても掲載先によってある程度のターゲティングができるので、訴求ポイントが重なれば効果的です。

例えばタクシーを利用する方は、ビジネスマンや経営者など、経済的に余裕のある方や、徒歩を避けたい高所得のシニア層が該当します。
つまりビジネスマンや経営者ならBtoB商材、シニア層なら健康に関係する商材が最適です。
さらにタクシーでは少人数で乗る空間なので、数分の乗車時間でも広告を見る可能性が高くなります。

エリアマーケティングは店舗集客に必須の手段!まとめ

エリアマーケティングとは、各地域の情報を考慮して行うマーケティング手法で、店舗集客に欠かせません。
商圏の判定や需要予測、販売戦略の設計を目的としていて、最終的に売上の向上に繋げます。
商圏分析のポイントや広告手法など組み合わせが豊富なので、適した手法でビジネスの成功率を上げてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加